肝臓の数値が高い時に飲むサプリ~肝機能改善サプリメントはコレ

肝臓の病気の種類

肝臓は、毎日の生活習慣により、かなりの負担をかけていたとしても、限界まで働き続ける沈黙の臓器と呼ばれています。その分、肝臓の病気が生じてしまった場合には、肝臓をもとの状態に戻すまでに時間が掛かったり、酷い場合には取り返しのつかない状態にまで症状が進行してしまうこともあります。肝臓の病気には、どのようなものがあるのでしょうか。

脂肪肝

脂肪肝とは、肝臓に脂肪が溜まることを指します。毎日の食生活の中で、どちらかと言えば、肉食中心であったり、脂質が多い食品を好んで食べる傾向が強い場合、脂肪肝になりやすいと言われています。さらに、脂肪肝は、脂質の多い食事からだけではなく、アルコールの過剰な摂取によっても、脂肪肝になる場合もあるので、注意が必要です。

アルコール性肝障害

アルコール性肝障害は、過剰にアルコールを身体に取り入れることで起こる病気です。ある程度の量のアルコールなら、肝臓も無理なく解毒することが可能ですが、過剰な量のアルコールは、肝臓の働きに大きな負担を与えます。過剰なアルコールの摂取の背後に、アルコール依存症などの精神的なものが関係している場合には、本人の意志ではコントロールができない場合もあります。度重なるアルコールの摂取が日常化してしまう恐れがあるため、このような場合には、精神と肉体の両方のケアが必要となります。

非アルコール性肝障害

非アルコール性肝障害は、アルコールを飲んでいないのにも関わらず、肝臓に大きな負担がかかっており、肝臓の働きに障害が現れることを指します。原因として、過食や肥満などが挙げられますが、肝臓が分解する働きをはるかに上回る過剰な脂肪を身体が取り入れ続けることにより、発病することが多いようです。

肝臓のう胞

肝臓のう胞とは、肝臓の中に、液体状の袋ができてしまう病気のことを指します。のう胞の大きさには個人差がありますが、大きなもので、テニスボールくらいのものもあるそうです。さらに、こういったのう胞が複数できる場合もありますが、驚いたことに、このような症状が出ていたとしても、ほとんど自覚症状がないという特徴があるため、注意が必要です。

肝硬変

肝臓そのものには、肝臓が肝臓そのものを修復してしまう働きを持っているため、再生能力が高い臓器だと言われています。しかし、長期間、肝臓に負担を与え続けている状態が続くと、肝硬変となります。肝臓の表面がだんだん固くなっていって、通常、肝臓が担っている働きの多くを十分に果たせなくなり、様々な弊害が身体全体に起こってくる場合があります。

↑ PAGE TOP