肝臓の数値が高い時に飲むサプリ~肝機能改善サプリメントはコレ

オルニチンが持つ作用

オルニチンは、肝臓に良い成分として、多くの方が取り入れているものです。オルニチンは、どのような働きで、肝臓をサポートするのでしょうか。

肝臓が持っている様々なサイクル

肝臓には、身体が取り入れた栄養素を、身体に取り込みやすい形に変換する役割のほかに、変換したエネルギーの貯蔵、供給、身体にとって有害な物質の解毒など、様々な働きをひとつの臓器で担っています。肝臓が持っているそれぞの働きには、エネルギーの生産に関わるTCAサイクル、アンモニアを解毒するオルニチンサイクルなどの、一定のサイクルがあります。

オルニチンサイクルとアンモニアの分解

身体を動かすためには、エネルギーが必要となってきます。この運動に必要なエネルギーを生成する過程で、乳酸とアンモニアが体内に生じます。身体が疲労を感じる時は、これらの物質が体内に蓄積されていることが原因となっているのです。身体にオルニチンを取り入れると、肝臓が持つオルニチンサイクルが活発化して、疲労の原因となるアンモニアの分解が促されます。オルニチンサイクルは、別名、尿素回路とも呼ばれており、尿素を合成するための代謝回路のことを指します。体内に生じた有害なアンモニアは、肝臓内のオルニチンによって無害化されます。

オルニチンはアルコールによる脳のエネルギー不足を予防する

身体がアルコールを取り入れると、体内にNADHという物質が多く生じます。NADHという物質は、脳にとって必要なエネルギーである糖などが作り出されるのを妨害します。オルニチンは、アンモニアの分解をよりスムーズにする働きを持っていますが、そのプロセスでNADHを消費するため、脳に必要なエネルギーの供給をうまく行うことができます。

肝臓に良い成分のひとつであるオルニチン

オルニチンは、オルニチンサイクルを活性化する働きがあり、このことから、肝臓が有害なアンモニアを解毒するのをサポートします。こういったオルニチンが持っている作用によって、様々な物質を解毒をすることによる肝臓の負担を、軽減することができます。肝臓の負担を軽くすることで、エネルギー代謝など、肝臓が行っている働き全体が活性化するため、肝臓の疲れを軽減すると同時に、身体の疲労回復もサポートします。

↑ PAGE TOP