肝臓の数値が高い時に飲むサプリ~肝機能改善サプリメントはコレ

肝臓の働きと役割について

肝臓は、体内の臓器の中で最も大きい臓器と言われており、大切な役割を数多く担っています。肝臓は化学工場とも呼ばれていますが、肝臓は、どのような役割を持っているのでしょうか。

身体に必要な栄養素の合成と供給

毎日、食事などを通して、様々な食べ物を身体に取り入れていますが、食べ物に含まれる栄養素は、そのままでは身体に吸収することができません。身体に取り入れた食べ物は、肝臓を通して身体が吸収できるような形に合成されます。ぶどう糖はグリコーゲンに変えられた後に蓄えられ、必要な時に、身体にエネルギーとして供給されます。アミノ酸から、血液に必要なアルブミンとフィブリノゲンを作って、血液中に供給します。

胆汁を作る

胆汁は、脂肪を消化するためになくてはならないもので、胆汁は肝細胞から常に分泌されている状態です。胆汁そのものには、消化酵素は含まれていませんが、胆汁が、十二指腸の膵液に働きかけて、膵液の作用を活発にし、脂肪やタンパク質を分解する働きを高めて、それらを腸から吸収しやすい状態にします。腸から吸収された胆汁は、肝臓に戻り、また胆汁として分泌されるという循環を繰り返します。

有害物質の解毒

身体に取り込んだ食べ物や飲み物の中には、栄養だけではなく、有害な毒素を含んでいる場合があります。アルコールはもちろんのこと、薬や老廃物など、様々な毒素が身体に悪い影響を与えないようにするため、肝臓が有害な物質を分解して、無毒化します。特に、現代は、食べ物の中に添加物などが頻繁に使用されている傾向があるため、そういった物質も肝臓が解毒をしてくれています。その上に、アルコールやタバコなどを日常の中で、頻繁に身体に取り込んでいる場合には、肝臓にかなりの負担をかけていることになるかもしれません。

肝臓は身体に取り入れるものに影響を受けている

身体に取り入れたものは、一旦、肝臓を通して、身体が吸収できる形にするからこそ、肝臓は、身体に取り入れているものに大きく左右されていると言えます。脂質の多い食事を取っていたり、過剰にアルコールなどを取っていると、肝臓に負担をかけるだけではなく、肝臓の病気に発展してしまいかねません。肝臓を労わるには、身体に取り入れるものをよく考える必要がありそうです。

↑ PAGE TOP